ノボシルODフィルムで錠剤が苦手な人も勃起不全とサヨナラ!

ノボシルODフィルムの副作用は大丈夫なのか?

「ノボシルODフィルムの副作用は大丈夫なのか?」のイメージ画像

処方箋薬であるバイアグラと同じ成分を配合しているノボシルODフィルムにも当然副作用はあります。
成分が同じであるということから副作用はバイアグラと違いはありません。
ノボシルODフィルムの副作用として多くの人が感じるのが、顔のほてりや発汗、頭痛、口の乾きといった症状です。
これらの症状はシルデナフィルの作用によって、勃起のために血管が広がって血流が促されることによって起きます。
副作用があらわれるリスクはそこまでないですが、あらわれたとしても軽度であることも多く、利用するにつれて副作用になれて副作用を感じなくなるということもあるようです。

ただし、血圧を下げる治療薬などを普段から服用している方が、ノボシルODフィルムを服用してしまうと元々服用していた薬の血圧を下げる作用と、ノボシルODフィルムの作用で血管が広げて血圧が下げる作用が二重にあらわれてしまいます。
その結果、過剰な低血圧になってしまい命に危険を及ぼす可能性があります。そのため、別の薬を普段服用している方は副作用と共に、併用しても問題ないかといったことを把握しておくことは重要です。そうしたことを把握した上で、適切に利用すれば安心してノボシルODフィルムを利用できます。